田園調布をお散歩してきました

地域情報

放射状に道が広がる田園調布
放射状に道が広がる田園調布

本日は用事があったので、高級住宅街として有名な田園調布をお散歩してきました。
田園調布といえば思い浮かぶのは、やはりこちらの放射状に広がる街並みではないでしょうか。

田園調布は現在の東急電鉄が開発した街

田園調布と言えば、放射線状に広がった道路と大きなお屋敷が有名ですよね。

こちらの街は、新しい1万円札の顔となる渋沢栄一らが東京の郊外住宅地を開発するために設立した田園都市株式会社(現在の東京急行電鉄の母体)によって開発された街なのですよね。
田園調布を開発するに向けて、渋沢栄一氏の言った言葉が、

「わが田園都市に於いては東京市という大工場へ通勤される知識階級の住宅地を眼目といたします結果、いきおい生活程度の高い瀟洒な郊外新住宅地の建設を目指しております」とのことで
・土地高燥にして大気清純なること
・地質良好にして樹木多きこと
・面積少なくとも十万坪を有すること
・一時間以内に都会の中心地に到着し得べき交通機関を有すること
・電信、電話、電灯、ガス、水道などの完整されること
・病院、学校、倶楽部等の設備あること。
・消費組合の如き社会的施設も有すること

というように、「東京市」(いわゆる都心?)に「1時間以内」に到着する場所で、都心から少し離れていることが前提だったようです。

“日本ではじめて計画的に開発され、分譲された庭園都市”である田園調布は日本を代表するお屋敷街ですね。

田園調布駅西口の閑静な街並み

田園調布駅の改札を出ると目の前にはカフェとスタバ
田園調布駅の改札を出たところ

改札を出ると目の前に広々とした空間が広がり、お洒落なカフェがあります。
そして、高級住宅街が広がる西口に出ると、こちらの放射状の道が広がります。

田園調布駅の西口を出ると目の前を広がる放射状の道
田園調布駅の西口

外から見た駅はこんな感じです。
なんてお洒落なんでしょう。

田園調布駅西口
田園調布駅西口

この後、この放射状に広がる道の一つを進んだところにあるお宅にお邪魔させていただきました。

田園調布駅西口の街並み
田園調布西口の街並み

そちらに関しては、後日記事にしたいと思います。
そして、田園調布でのお仕事の〆はこちら。


なんだか無性に食べたくなっちゃったんですよね。
最近、運動もしていないのに、このカロリーは本当にまずいです。
でも、久しぶりに食べるケンタッキーのチキンの味は最高でした(^^)

田園調布のケンタッキーでお食事
ケンタッキーのチキン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧