港区南麻布を一周して距離を計測してみた~前編~

港区南麻布の位置
港区南麻布の位置、私が遊んでいるパズルから

港区の住居表示の外周をグルっと走って距離を計測するシリーズの第4弾は南麻布です。
南青山を計測する予定だったのだけど、前日の夜にふと思い立ち、突然南麻布を走ることに決めました。
南麻布は西側に広尾駅、東側に麻布十番駅がありますが、この南麻布の住居表示に中には広尾駅のみです。
広尾駅の東側には広大な有栖川公園も広がっています。

広尾駅の3番出口を出て北上すると「笄小学校西」交差点

港区の住居表示をグルっと一周して距離を計測するこちらのシリーズ、ここまでは麻布狸穴町麻布永坂町白金台を回ってきました。
今回はふと思い立って南麻布を周ることに。
今回も写真が多いので、前編と後編の2回に分けてお届けしたいと思います。
スタートは広尾駅の3番出口。ここから時計周りにグルっと一周します。
ここの区間は外苑西通りを挟んで右側は今回周る南麻布。左側は渋谷区広尾になります。

スタートすると200mほどでこちらの交差点。

港区南麻布の笄小学校西交差点
外苑西通りの交差点、右は南麻布、左は渋谷区広尾

あいにくの空模様だったので写真がイマイチですね。
ここの交差点の名前、ちょっと読みづらいのです。
皆さんは読めますか?

アップにしてみます。

港区南麻布の笄小学校西交差点
笄小学校西交差点

道路の標識には「笄小学校西」とありますね。
江戸時代から昭和42年まで「笄町」という地名があったことから、この小学校の名前がついているようです。
「笄」の読み方は「こうがい」となり、こうがい町という町の名前だったようですね。
前代表の村上は、西麻布のことを今でも「霞町(かすみちょう)」って言っています。
この霞町も西麻布の昔の地名です。
この辺りのことを笄町とか霞町って言うとちょっとツーっぽくて良いですよね(^^)
こちらの笄小学校西交差点を右折するとすぐにこちらの急な坂が待ち構えております。

鉄砲坂→北条坂→仙台坂と繋がる

港区の鉄砲坂
鉄砲坂

こちらの坂は「鉄砲坂」という名前がついております。
鉄砲坂の由来は江戸時代にこちらの坂の下に鉄砲練習場があったからとのこと。
こちらの坂で一気に高度上昇します。
頑張って上がっていると、鉄砲坂の名前が突然変わります。

港区南麻布の坂、北条坂
北条坂

鉄砲坂が北条坂になりました。
こちらの坂の名前の由来は、坂の下に大名北条氏のお屋敷があったからとのことです。
坂を上がり切る手前の左手にあるのが、こちらの「オパス有栖川テラスアンドレジデンス」

港区南麻布のオパス有栖川テラス&レジデンス
オパス有栖川テラス&レジデンス

広大な敷地に、いかにも高級なマンションです。
ちょっとだけ調べてみたら、購入で3億円~、賃貸で100万円~みたいです!
世の中、すごい方々がいっぱいいらっしゃるのですね。
そして、「愛育病院前」交差点です。
こちらの病院は出産が高価なことで有名ですよね。
ちなみに、ここまでが道を挟んで右側が南麻布、左側が西麻布になります。

セレブな愛育病院と中東国カタール大使館

港区南麻布の愛育病院、セレブの出産で有名
南麻布の愛育病院

続いて、こちらの愛育病院前の交差点を麻布十番方面に直進します。
ここから、右が南麻布、左側が元麻布になります。

港区元麻布にあるカタール大使館
カタール大使館

そして、カタールの大使館があります。
この記事を書いていて、カタールの場所が気になったので調べてみました。

中東の国、カタールの位置
カタールの位置

アラビア半島のカタール半島にあるとのことです。
本当、こうやって記事を書くのってとても勉強になります。
きっとこれで、カタールの位置は忘れないと思います(それでも、すぐに忘れちゃうんですよね)
カタール大使館を通り過ぎると、右側が有栖川宮公園の敷地が一帯に広がります。
こちらはテニスコートと野球場。
こちらの公園は広尾駅の裏側一帯に広がる広大な敷地です。

警察官がいっぱいの韓国大使館前

さらに直進すると、「仙台坂上」という交差点に出ます。
こちらの仙台坂の名前の由来は、「坂の南部一帯が仙台藩伊達家の下屋敷になっていたから」とありますね。
「鉄砲坂」に「北条坂」に「仙台坂」なかなか覚えられないです。
ここから麻布十番駅近くの「二の橋」の交差点までは、いつ来てもすごい数の警察官です。
この先にある韓国大使館の警備のために警察官がいっぱい居るのでしょうね。

港区南麻布にある韓国大使館は警察官がいっぱい
韓国大使館

「麻布山」の由来は?

韓国大使館の前の仙台坂を下りると、こんな交差点名を発見。
「麻布山入口」ですって。
この交差点名、今回初めて気づきました。
昔、ここに山があったのかな?ということで調べてみます。

麻布十番駅近くの麻布山交差点
麻布山入口の交差点

こちらの「麻布山」というのは、このすぐ近く元麻布一丁目にある「善福寺」というお寺のことを指しているとのこと。
著名人のお墓も多いということで、この善福寺には福沢諭吉のお墓もあるということです。
この交差点名のおかがで、今回も色々なことを学ぶことができました。
ここまででちょうど南麻布の上半分を周ったことになるので、明日は麻布十番駅近くの「二の橋」の交差点からお届けしたいと思います。
この「二の橋」も気になりますよね。
「一の橋」から「五の橋」まだあるのです。
その辺も明日お送りしたいと思います。

ちなみに、広尾駅の3番出口からここまで2kmいってないくらいで、南麻布という住居表示は意外と小さそうです。

関連記事一覧