港区南麻布を一周して距離を計測してみた~中編~

港区情報

南麻布一周の距離を計測してみた
南麻布の全体図

港区の住居表示の外周をグルっと走って距離を計測するシリーズの第4弾は南麻布の中編をお届けします。
前編では広尾駅3番出口からスタートして麻布十番駅近くの「麻布山入口」までをご紹介いたしました。
今回は麻布十番駅近くの「二の橋」交差点からスタートです。

「二の橋」「三の橋」・・一体いくつまで?

港区の住居表示をグルっと一周して距離を計測するこちらのシリーズ、先日の南麻布一周前編に続き、本日は中編をお送りします。
天気が悪く霧雨の中での撮影だったため、どの写真の暗くて見づらくてすみません。
麻布山入口交差点を過ぎると二の橋交差点に出ます。
ここも韓国大使館の警備でしょうか。いつもこうやってコーンが置かれてゲートが張られています。
何をこんなに警戒しているのか、いつも不思議に思って通っています。

南麻布一周の距離を計測してみた 二の橋交差点
二の橋交差点

「二の橋」の次は「三の橋」です。ここはバス停を撮影しました。
確か、麻布十番の駅のところが「一の橋」ですよね?
一、二、三・・・一体どこまで続くのだろう?ってずっと疑問に思っていました。
後ほど、そちらも解決します!

南麻布一周の距離を計測してみた 三の橋バス停
三の橋のバス停

渋谷川~古川は「橋」ばっかり

引き続き南下すると古川橋の交差点に出ます。
ちなみにここまでは、南下している私の右手が南麻布、左手が三田になります。
(三田は大きいので一周するのに勇気がいります^^;)
こちらの古川は港区を通って東京湾まで流れているのですが、渋谷区では渋谷川と言っております。
それにしても、この辺の地名って橋ばっかりですね。
古川橋、天現寺橋、一の橋、二の橋、三の橋・・、赤羽橋・・
調べてみたら新古川橋、亀屋橋、狸橋、慶応橋、中の橋なんていうのもこの辺りにありました。
それだけこの渋谷川~古川というのは重要な位置づけだったのでしょうね。

南麻布一周の距離を計測してみた 古川橋交差点
古川橋交差点

明治通りには「四の橋」「五の橋」が

古川橋の交差点を天現寺方面に曲がって、明治通りを走ります。
そうすると、先ほどあった「三の橋」の続きの「四の橋」と遭遇です。
こちらの一から始まる橋シリーズは「五の橋」まであったのです。
四の橋の画像とそれぞれの橋の位置関係を書いたので載せておきます。

南麻布一周の距離を計測してみた 四の橋
四の橋
南麻布一周の距離を計測してみた 一の橋から五の橋の位置はこうなっている
麻布の一の橋から五の橋までの位置

赤い線は私が今回走って南麻布の形です。
一の橋から三の橋は麻布通りに、四の橋と五の橋は明治通り沿いにあります。

一の橋、二の橋、三の橋、四の橋、五の橋の名前の由来

ここまで来ると、どうして数字の一から五にしたの?って疑問が湧いてきますよね。
というか、以前から私気になって仕方なかったので、今回ネットで調べてみました。
皆さん、そんなに興味ないのでしょうか、ネットにいっぱい載っているかと思ってらそうでもなかったです。


でも親切な方が書いてくださっていました。
そちらを引用させていただくと
「徳川綱吉が麻布に白金御殿を造営するときに白金御殿まで直接船で荷を運べるようにと古川を拡張工事したときに架けた一つ目の橋だから、というのが橋の名称の由来のようだと分かりました。当時、四の橋までの区間で拡張工事を行ったので、一の橋から順に四の橋まで名前がついたのでしょうな。五の橋は四の橋の次だから五なんですかねぇ。。。」

とありました!
古川橋の近くに5代目将軍徳川綱吉の御殿が建てられていたようですね。
こちらを「麻布御殿」といったようです。ただ火事によりわずか5年で焼失してしまったとのこと。

薬園坂の途中にはイランイスラム共和国大使館

南麻布一周の距離を計測してみた 薬園坂
南麻布3丁目の薬園坂

明治通りを挟んで四の橋の向かいにはこちらの薬園坂があります。
ここに幕府の薬草園があったということで、綱吉はこの地に御殿を建てることにしたということです。
そして、こちらの薬園坂の途中にはこちらの大使館。

南麻布一周の距離を計測してみた イランイスラム共和国大使館
イランイスラム共和国大使館

イランって、正式にはイラン・イスラム共和国っていうのですね。
こちらの大使館を見て初めて知りました・・。
これって常識なのでしょうか。今まで知らなかった私、ちょっと恥ずかしい。

この際だからイランの場所も復習しておきます。

南麻布一周の距離を計測してみた イランイスラム共和国の位置
イランイスラム共和国

とっても大きな国です。
前編に登場したカタールのあるアラビア半島のすぐ隣ですね。
これでイランの場所もカタール同様覚えられますように・・!
今日は最後までお送りするつもりだったのですが、まだもうちょっと続きがあるので無理そうです。
中編は結局、ほとんど“橋”のことで費やしてしまいました(´-ω-`)
続きもとても気に入っているところがあり適当には書きたくないので、ここで一度アップしたいと思います。

後編は明日お届けいたします。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧