とってもためになる経営者同士の月一ミーティング

利害関係がないからこそ何でも話せる仲間との月一のミーティング
利害関係がないからこそ何でも話せる仲間

数年前から経営者の集まりに参加しています。
そこでは各々が色々な経験談を話すのだけど、それがとってもためになるのです。
同業であろうと他業種であろうと、悩みは皆抱えているものなのですよね。

若手経営者の月一ミーティング

数年前から、とある中小企業の経営者の集まりに参加しています。
昨年までは村上前代表の代理として。
そして、今は代表として参加しております。
その中から更に若手(?)社長の小部会が結成されて、月に一度のミーティングのメンバーに入れてもらっています。

そこではそれぞれの価値観を理解し、人間としての幅を広げることを目的としているため、アドバイス等は一切禁止となっているのです。
課題を出してくれた人に対し、アドバイスではなく、自分の経験談のみ話していく。
タイムキーパーがいて、それぞれの話す時間も、場面に応じて1分から5分と決められているから、話し好きな人がいても、その人だけが話し過ぎるという事もなく、聞いていて飽きるとかもないので助かります。

会で知った情報は秘密厳守

各自がそれぞれの課題に対しての成功談、失敗談という事実のみを話していくから、それらの事例を聞いてどう解釈するかは本人の自由。

したがって、情報提供する方も責任は発生しないので、好きなように話しが出来るのです。
あくまでもシェアしてくれた事実をどう持ち帰ってどう活かすかは本人の自由。
勿論、絶対秘密厳守なので、人に話していいのは会の存在と上記のルールくらい。
友達はもちろん、奥さんや旦那さんにも絶対にダメという決まりがあります。

思いもよらない解決策が浮かんだりします

日々、仕事で色々な壁にぶつかっているので、それを相談するというわけではないけれど、利害関係なく、何でも言い合える存在の人がいるって本当に貴重です。
アドバイスをもらえるわけではないけれど、様々な視点からの意見をもらえるので、自分では想像もつかなかったような解決策が浮かんだりもするのです。
もしかしたら、私のことを良く思っていないメンバーも居るかも知れないけど、仲良し集団ではないので、例え嫌われていてもあまり関係ありません。

この年になると、友達っていうと学生の頃からの友達、もしくは趣味で繋がっている友達くらい。
学生の頃の友達と趣味で繋がっている友達とは、仕事の話なんてほとんどしなくて、プライベートな話がほとんどだから、このような仕事で悩んでいることを本音で話せる仲間ってとても貴重で大切です。

人見知りであまり知らない人のところに行くのは苦手な私だけど、このような会とご縁が持てたことに心より感謝です。

関連記事一覧